「肝硬変診療ガイドライン 2015(改訂第2版)」公開

 maindガイドラインセンターから、「肝硬変診療ガイドライン 2015(改訂第2版)」
をダウンロードすることができます。
 http://minds.jcqhc.or.jp/n/medical_user_main.php
 ガイドライン
  http://www.jsge.or.jp/files/uploads/kankohen2_re.pdf#view=FitV
治療薬 | comments (0) | trackbacks (0)

11/30 医薬品医療機器総合機構の主たる治験情報 11月末時点

 独立行政法人医薬品医療機器総合機構は、主たる治験情報を毎月末にまとめ公表しています。
 11月末時点の情報が掲載されました。
   https://www.pmda.go.jp/review-services/trials/0019.html

 なお、肝炎・肝がんに関するものをまとめて添付します。
PMDA主たる治験情報 11月のまとめ
治療薬 | comments (0) | trackbacks (0)

12/4 京大 C型肝炎ウイルスの感染予防ワクチン開発

 京都大学霊長類研究所の明里宏文教授、国立感染症研究所の加藤孝宣室長らの研究グループは有望なHCV(C型肝炎ウイルス)ワクチンの開発に成功したと発表した。

エキサイトニュース 2016/12/04付
  http://www.excite.co.jp/News/it_g/20161204/Economic_68909.html 
 ※京都大学 研究成果発表 2016/11/04
  「新たなC型肝炎ウイルス感染予防ワクチンの開発
治療薬 | comments (0) | trackbacks (0)

11/18 C型肝炎治療薬「エレルサ錠、グラジナ錠」医療費助成の対象に

エレルサ錠、グラジナ錠のパッケージ画像厚生労働省通知文書 厚生労働省は、11月18日付でC型肝炎治療薬であるエレルサ錠、グラジナ錠の薬価収載を受けて、 別添のように都道府県に肝炎治療特別促進事業についての事務連絡を発出しました。

 これでC型肝炎ジェノタイプ1型・慢性肝炎・代償性肝硬変の治療でのエレルサ錠、グラジナ錠の使用についても医療費助成の対象になります。

■ジェノタイプ1型の日本人C型肝炎患者で患者背景にかかわらず有効性および安全性示す
 両剤は、ジェノタイプ1型の日本人C型肝炎患者を対象とした国内第2/3相臨床試験において、患者背景(前治療歴、性別、IL28Bの遺伝子型、耐性変異)にかかわらず有効性および安全性が示され、軽度~重度腎機能障害(透析患者を含む)合併のC型肝炎患者にも使用可能な併用療法。
続きを読む>>
治療薬 | comments (0) | trackbacks (1)

11/14 薬食審 C型肝炎:ジメンシー配合錠、B型肝炎:ベムリディ錠承認

薬食審 新薬など7製品を審議、全て承認了承
  ミクスonline 2016/11/14付
   https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/54824/Default.aspx
 厚労省の薬食審医薬品第二部会は11月11日、新薬など7製品の承認の可否を審議し、全ての承認を了承した。肝炎関連は下記の通り

【審議品目】(カッコ内は一般名、申請社名)
▽ジメンシー配合錠(ダクラタスビル塩酸塩/アスナプレビル/ベクラブビル塩酸塩、ブリストル・マイヤーズスクイブ):「セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品・新医療用配合薬。
再審査期間8年。
続きを読む>>
治療薬 | comments (0) | trackbacks (0)
<< 2/15 >>