<終了>【大阪】9/23肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン(交流会)

 7人参加で和やかに交流できました。
 医療機関の利用の仕方などが、中心的な話題になりました。

 友の会の会員減少が危惧され、会員の楽しい交流ができる、治った方も楽しく参加できる企画を考えようと、セッコY区的な意見も出されました。
続きを読む>>
交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【和歌山】9/23 患者交流会「お茶会」

 終了しました。
和歌山交流会
 和歌山市民会館での交流会は、肝臓友の会世話人、B型肝炎訴訟原告さん、弁護士ら20人が参加しました。C型肝炎の方は1人(世話人)のみでした。
 自己紹介から始まり、効きたいことや心配事、悔やまれることなどが出されました。

▼ 心配事として、B型肝炎は無症候性キャリアで近所の内科クリニックで診てみてもらっていて、むかつきや便秘などが長期間続いたので相談すると、大学病院を紹介され精密検査を受けると「すい臓がん」が見つかった、抗癌剤治療しているがB型肝炎の増悪はあるのか、どのような検査を受けると良いか。
 他にすい臓がんに関する質問が2件ありました。

▼ 肝がんを何度か見つかり、その都度来示尾は治療を受けている。再発は繰り返すのか?ラジオ波治療は何度も受けられるのか?
続きを読む>>
交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【大阪】7/21肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン(交流会)

患者サロンを開催しました
 7月21日午後から、同じ会場で「肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン」を開催しました。
 自己紹介から始まりました。C型肝炎関連患者さんが12人。10人がインターフェロンフリーの経口薬で治療中か治療終了者。その10人ともがウイルス陰性になっているとのこと。その10人のうち、1人が画像検査で高分化型肝細胞がんの疑いと診断、あと一人が影はあるがしばらく経過観察とのこと、ウイルス排除後の画像検査について意見交換が行われました。
 またウイルス排除後にALT値が標準値を上回っていて、一人は薬剤性肝炎の疑い、もう一人は原因不明とのこと。この事についても意見交換しました。
 肝発がんを繰り返された方から、ラジオ波治療の痛みの解決法は? 再発を抑える薬剤の開発の現状は?などの質問も出されました。
 B型肝炎患者は4人。うちお一人が新しく会に入られた方。自己紹介の中で、B型肝炎訴訟に原告として参加し、そこで友の会のことを教えてもらって入会した。これから病気のこと勉強をしたいのでよろしくと挨拶されていました。
 あっという間に1時間半の交流会は終わりました。
続きを読む>>
交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【大阪】4/28肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン

 終了しました。
4/28交流会風景
 20人余りが参加。
 退院したばかりの肝硬変の患者さんからは、進行しているためにハーボニーが使えないとの悩みが出され、生体肝移植を受けた方からは、C型肝炎ウイルスが残っているのでハーボニーで治療を受けたいが、ドクターからは待つようにいわれているとの報告がありました、
 一方、ハーボニー治療中や終了した方が6人おられました。4人の方からは、血圧の上昇や頻脈、同企などが気になったとの報告。他の一人からは、治療開始後2週間で、GPTが30ほど上昇しているとの報告がありました。

 交流会が終了後、個別相談があり、60分ほど相談を受けました。インターフェロンフリー治療(耐性株がある方、画像検査で影がある方、ハーボニー治療中のALT値上昇の方等など)<記:西村>
続きを読む>>
交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【大阪】2/25 肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン(交流会)

 自己免疫性肝疾患の患者さん2名を含む20人が参加しました。
 C型肝炎患者で既にハーボニーの治療を始めている患者さんは6人。これから始める患者さんが2人。
 進行した肝硬変に肝がんの疑いのある方が1人。
 それぞれ体験を話したり、質問を出したりして、積極的に情報交換がなされました。<記:西村>
続きを読む>>
交流会 | comments (0) | trackbacks (0)
<< 2/4 >>