8/23 「非代償性肝硬変へのハーボニー投与」、5種類目の患者申出療養に―患者申出療養評価会議

「非代償性肝硬変へのハーボニー投与」、5種類目の患者申出療養に―患者申出療養評価会議
  メディ・ウォッチ 18/08/23
 非代償性肝硬変疾患の患者に対し、大阪大学医学部附属病院において、適応外薬であるハーボニー配合錠(一般名:レジパスビル アセトン付加物、ソホスブビル)を12週間投与する―

 8月23日に開催された「患者申出療養評価会議」(以下、評価会議)で、こうした技術が5種類目の患者申出療養として認められました。保険診療と保険外診療との併用が認められます。

https://www.medwatch.jp/?p=22126
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

8/24オプジーボ、薬価37.5%減、用法用量変更で11月から

オプジーボ、薬価37.5%減、用法用量変更で11月から
 新薬9成分、13品目も了承、8月29日に薬価収載
m3.com 18/08/22

 中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)は8月22日、オプジーボ(一般名ニボルマブ)の用法用量が8月21日に改訂されたのを受け、「用法用量変化再算定」を適用し、薬価を37.5%引き下げることを了承した。流通在庫を考え、適用は2018年11月1日から(資料は、厚生労働省のホーム
ページ)。
https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/624545/

 ※厚生労働省 中央社会保険医療協議会総会 配布資料(第398回)  
用法用量変化再算定品目について
   
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

8/17 エーザイとMSD、「レンビマ」(レンバチニブ)について、切除不能な肝細胞がんに対する一次治療薬として米国FDAより承認を取得

 財経新聞 18/08/17 プレスリリース発表元企業:Eisai

 エーザイ株式会社(本社:東京都)とMerck & Co., Inc. Kenilworth, N.J., U.S.A.(北米以外ではMSD)は、このたび、マルチキナーゼ阻害剤「レンビマ(R)」(一般名:レンバチニブメシル酸塩)について、単剤における「切除不能な肝細胞がん」に対する一次治療薬として、米国食品医薬品局(Food and Drug Administration: FDA)より承認を取得したことをお知らせします。本承認は、「レンビマ」の肝細胞がんに係る適応として、2018年3月の日本での承認に続き2番目の承認取得です。また、米国において、切除不能な肝細胞がんの全身化学療法の一次治療薬として、約10年ぶりの新たな治療薬の創出となります。

 https://www.zaikei.co.jp/releases/669967/
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

第28回「肝臓週間」 7/23~7/29

肝臓週間ポスター
 財団法人ウイルス肝炎研究財団から「肝臓週間」告知ポスターが届きました。
 7/23(月)~7/29(日)世界肝炎デーを挟む1週間が肝臓週間です。この間の日曜日には全国各県持ち回りでイベントが行われます。今年は奈良県。昨年は茨城県でした。
 シンポジウム「ウイルス性肝炎・肝がんの撲滅に向けて」
http://osaka.kanzo.org/archive/eid932.html
  
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

7月28日は「世界肝炎デー」

7月28日は「世界肝炎デー」です。
  2017年の記事 http://www.forth.go.jp/topics/2017/07281041.html

 日本肝臓病患者団体協議会は、「世界肝炎デーフォーラム」を7/29(日)全電通ホール(定員400人)で開催する準備を進めています。
 記念講演の講師は、東京医科歯科大学nの朝比奈先生、テーマ「B・C型肝炎と肝がんの最新治療と課題。
 また「知って肝炎」プロジェクトからの挨拶はスペシャルサポーター清水宏保氏(スピードスケート)を予定。
  http://www.kanen.org/
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)
<< 3/24 >>