<終了>【堺】9/18 肝炎患者サロン (交流会)

 終了しました。
 5人参加し、体験交流などを行いました。
 B型肝炎2人、C型肝炎3人、肝がん体験者3人。
○ C型肝炎経口治療薬治験終了直後の方が、治験の報告をされました。最初は偽薬で、その後、実薬を服用。2週間でウイルスが無くなったそうです。今後1年間、2~3か月毎に経過観察(血液検査など)があるとのことでした。(会報156号に体験談を掲載)

○ 肝がん治療を2度受けた女性。病院での裁縫ボランティアに参加されて6年。患者さんや看護師さんの注文を受け、療養上で必要なものを作られているようです。一番印象に残ったのはエンジェルドレス。標準体重の半分にも満たない新生児のための洋服を作ったときはやりがいを感じ、続ける原動力に。
 週1回午前から夕方まで。10人の方がボランティアで登録されている。
難病センター建設街頭キャンペン
 交流会が終わってから、天満橋で行われた大阪難病連「難病センター建設街頭キャンペーン」に3人が参加しました。
<記:西村>
続きを読む>>
患者・家族交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【滋賀】9/7滋賀肝炎患者の療養を考えるつどい

 終了しました。
 つどいでは進行係を担当しました。
会場からの風景 びわこ
 20人ほどの患者と6人のスタッフが参加しました。B型肝炎が7割、C型が3割。
 弁護士さんへの個別相談も薬害肝炎訴訟関連で2名有りました。
 新しい世話人さんも出来て、休会していた肝臓友の会も再開する準備が整いました。
 7人の方が世話人に申し出て下さり、次回10月18日に世話人会を開催します。<記:西村>
続きを読む>>
患者・家族交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

7/10 会報袋詰めと患者サロン開催

会報155号表紙
 大阪肝臓友の会の会報「友の会だより」155号がまもなくすすりあがります。

 10日午前10:30から港区民センターで袋詰め作業をおこないます。
 ご協力いただける方は、ご連絡ください、
  メール osaka△kanzo.org(△は@に変換してください。)

 13:30から同会場で「肝がん・肝硬変・肝炎患者サロン」(患者交流)
をおこないます。
 どなたでも参加できます。参加費は無料です。
続きを読む>>
患者・家族交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【大阪】2/20肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン(交流会)

患者サロン風景 終了しました。
 サロン(交流会)には、15人が参加して下さいました。
 栃尾副会長の司会のもと、自己紹介から始まり、この日に発送した会報の内容紹介、自身の病状や治療に対する疑問や不安について、出し合いました。
 80歳近い男性C型肝炎患者からは、専門医に受診しかかりつけ医で内服薬をもらっている。インターフェロン治療を希望しているが・・・
 70歳代の男性、肝発がん外科切除を受けた。9年経過し、新しい経口薬の治験を受ける予定。
 瀉血療法についての話題提供。
 少量インターフェロン治療を希望しているが、主治医が同意してくれない等々・・ <記:西村>
続きを読む>>
患者・家族交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【和歌山】2/1第3回肝炎患者の療養を考える集い

和歌山肝炎患者の療養を考えるつどいの全景14/01/30朝日新聞
 2月1日午後、「第3回和歌山肝炎患者の療養を考えるつどい」を和歌山市民会館で開催しました。スタッフを含めて24人の方に参加していただき、オリエンテーション、自己紹介、療養体験の交流、Q&Aなどを前半で行いました。
続きを読む>>
患者・家族交流会 | comments (0) | trackbacks (0)
<< 4/9 >>