9/28C型慢性肝炎治療薬「ヴィキラックス®配合錠」  ジェノタイプ2型も日本にて適応追加の承認を取得

 アッヴィー プレスリリース 16/09/28付
ヴィキラックス配合錠
 アッヴィ、C型慢性肝炎治療薬「ヴィキラックス®配合錠」について、ジェノタイプ1型に続き、ジェノタイプ2型も日本にて適応追加の承認を取得

 ・ヴィキラックスは、日本において初めてのジェノタイプ1(GT1)型およびジェノタイプ2(GT2)の適応を持つ新たな治療の選択肢
 ・GT2の治療においては、インターフェロン(IFN)を使用せず、リバビリン(RBV)併用で16週間にわたり固定用量を1日1回服用

※リバビリンは、レベトールのみ、コペガスは不可
※適用は、慢性肝炎のみ、代償性肝硬変は不可
○添付文書 ヴィキラックス配合錠 2016年9月効能追加
続きを読む>>
治療薬 | comments (0) | trackbacks (0)

ギリアド C型肝炎ジェノタイプ1を除く治療で一部変更承認申請

 C型肝炎ジェノタイプの日本での割合
 ギリアド・サイエンシズ社は、8月31日、「セログループ1(ジェノタイプ1)を除くC型慢性肝炎及びC型代償性肝硬変のウイルス血症の改善」を予定効能・効果として一部変更承認申請しました。
 今回は、C型慢性肝炎治療薬「ソバルディ(R)錠400mg」(以下「ソバルディ」)(一般名:ソホスブビル)のリバビリン(RBV)との24週間併用において、「セログループ1(ジェノタイプ1)を除くC型慢性肝炎及びC型代償性肝硬変のウイルス血症の改善」を対象とするものです。
続きを読む>>
治療薬 | comments (0) | trackbacks (0)

日本発の肝硬変治療薬として

 肝硬変の治療薬の開発話題です。

 化学工業日報(16/08/22付)に
 駒込病院 Wntシグナル阻害剤 C型肝硬変の線維化改善

 都立駒込病院肝臓内科の木村公則部長らの研究グループは、Wntシグナル阻害剤「PRI―724」のC型肝炎ウイルス由来肝硬変(C型肝硬変)を対象とした医師主導第1相臨床試験(P1)で、肝臓が硬く変性した線維化という状態を改善する効果を確認した。
続きを読む>>
治療薬 | comments (0) | trackbacks (0)

6/22 肝がんの一部 粒子線治療 先進医療Bに、他

厚生労働省 先進医療B
 6月22日に開催された厚労省中央社会保険医療協議会 総会(第333回)が開催されました。
  http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000127906.html

 一部の肝がんの粒子線治療と切除不能又は再発胆道癌(ゲムシタビンに耐性を示す症例に限る)が先進医療Bとして認められました。
  http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000128268.pdf

なお、上記治療施設も公表されています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan02.html
  
治療薬 | comments (0) | trackbacks (0)

5/31 PMDA主たる治験情報

PMDA主たる治験情報16/05/31
独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、16年5月31日、主たる治験情報を更新し公開しました。
  http://www.pmda.go.jp/review-services/trials/0019.html
 肝炎肝がんに関するものを抜粋し添付します。
治療薬 | comments (0) | trackbacks (0)
<< 4/16 >>