<終了>【兵庫】10/8 読売健康講座 C型肝炎最新治療

 終了しました。
兵庫医科大学
 本公開講座は、読売新聞、アッヴィー合同会社、スギ薬局の主催で開催されました。
講演1.地域薬剤師の役割
 最初にスギ薬局の薬剤師から「地域薬局の役割」について紹介が有り、医療機関からの処方箋によって患者さんに薬を調剤しわたしている。このときに、処方内容に問題があれば、処方箋を発行したドクターと連絡を取って確認などもしている。
 薬をお渡しする際に、生活習慣病への注意やウイルス性肝炎などのお話もさせていただく。
 介護保険サービスについても、説明する必要がある方にはさせていたいている。
 大いに利用してほしいとお話されていました。
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【大阪】10/8 豊中市民公開講座

 終了しました。
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【兵庫】10/1 ウイルス性肝炎・自己免疫性肝疾患公開講座

 終了しました。
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【大阪】9/30 市民公開講座 肝炎支援セミナー2017

大阪病院年金会館 1階エントランス
 大阪府病院年金会館で開催された市民公開講座 肝炎支援セミナー2017 肝炎治療における最新の医療を聴講しました。
 B型肝炎では、抗原と抗体量の差で抗体量が上回れば、セロコンバージョンをおこす。でも免疫抑制するような治療を受ける場合には再活性化に注意。
 HBVDNAが4log以下でも、HBs抗原量が100以上だと発がんリスクは高くなるので、半年に一度は腹部エコーなど画像検査を受けること。
 C型肝炎では、DAA製剤の進歩がめざましく、新しい治療薬が登場してくる。
 DAA製剤はC型肝炎ウイルスをほぼ完全に排除できるが、排除後も発がんリスクがあり、5年程度は半年に一度の肝がんの画像検査は必要。
 DAA製剤でウイルス排除に失敗した場合は、肝疾患拠点病院(府内では五大学病院)ウイルスの耐性変異について精査し、慎重に再治療役の選定を行う必要がある。ただし、肝線維化が進んでいる場合は、専門医と対処法を相談する。
などでした。
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (2)

<終了>【兵庫】9/28関西ろうさい病院第3回肝臓病教室

終了しました
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)
<< 5/61 >>