<< <終了>【京都】医療講演「肝細胞癌に対する内科的治療」 | main | 5/31 日本肝臓病患者団体協議会 第28回国会請願行動 >>

<終了>【和歌山】5/27 医療講演と友の会和歌山支部第5回総会

 終了しました。
 27人が参加しました。
 ・医療者3人(肝疾患相談支援センター相談員など)
 ・抗癌剤製薬会社社員2名
 ・弁護士 3人
 ・患者19人(B型17人、C型2人)

 参加者から始まる前に県の広報紙の問題を指摘していただきました。
 5月号の県広報紙は「がん特集」。しっかり肝炎ウイルス検診のことも掲載していただいています。添付資料2頁目 しかし、14頁下段には、広告として神奈川の弁護士さんの広告「ご存じですか?B型肝炎給付金」が掲載されていました。


■玉井先生の講演(和歌山ろうさい病院)
 ▼B型肝炎 核酸アナログ製剤 新薬の問題点
  エンテカビルで治療継続できる方は安易に新薬に切り替えない方がよい
  HBs抗原の陰性化(減少)、薬剤毎の比較
  インターフェロン治療の時施設での成績
 ▼C型肝炎
  インターフェロンフリー製剤でほぼ100%の著効率が得られる
ようになってきた。
  DAA製剤失敗例の対処法:時施設の成績などの紹介
 ▼肝がんの治療
  局所療法では、昨年12月から新しいマイクロ波凝固療法を実施している。自施設51症例の成績
  ・具体的な治療法の紹介とメリットデメリット
  ・治療時間はおおよそ3分でラジオ波より短縮できる
   患者負担が少ない
など、具体的な説明がありました。

■友の会和歌山支部の総会
  提案議案は承認されました。
  世話人は3人。
【開催資料】
医療講演と友の会和歌山支部第5回総会
1.と き  2018年5月27日(日) 13:30~16:30
2.ところ  新橘ビル 8階会議室
 (和歌山市美園町5-1-2) <アクセス
       JR紀勢本線「和歌山駅」下車、西へ徒歩2分
3.参加・相談費用  無料(事前予約不要)
4.プログラム(13:30~16:30)
 1)世話人挨拶 進行についての説明
 2)講演「ウイルス性肝炎・肝がんの最新治療について」
     講師:和歌山ろうさい病院 肝臓内科 部長
        玉井 秀幸 先生
 3)大阪肝臓友の会和歌山支部つどい(交流会と第4回総会)
 4)特別措置法 個別相談
   ・特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法
    B型肝炎訴訟弁護団から)
5.主催 大阪肝臓友の会
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post your Comment

Trackbacks