【大阪】公開講座「がん医療最前線-免疫治療とゲノム医療の展望」

11/18公開講座がん医療最前線-免疫治療とゲノム医療の展望」チラシ
 認定特定非営利法人西日本がん研究機構 主催
 公開講座「がん医療最前線-免疫治療とゲノム医療の展望」

○と き 2018年11月18日(日) 13:00-16:00
○ところ グランフロント大阪 ナレッジキャピタル
       コングレコンベンションセンター ホールAB
        大阪市北区大深町3−1<アクセス
○参加について 参加費無料、要予約(締切10/30)
      インターネット予約はこちら
○主催 認定特定非営利活動法人 西日本がん研究機構(WJOG)
 共催 小野薬品工業株式会社、ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社、朝日新聞社メディアビジネス局

        
続きを読む>>
講演会・相談会・セミナー | comments (0) | trackbacks (0)

【兵庫】10/29日肝協 第28回代表者会議・全国交流の集い in あかし

昨年の千葉での代表者会議風景
 昨年の千葉での代表者会議風景
日肝協 第28回代表者会議・全国交流の集い in あかし

1.日時:2018年10月28日(日)~29日(月)
     10/28(日)18:00~10/29(月)16:30
2.会場:グリーンヒルホテル明石
       兵庫県明石市大明石町2-1-1 <アクセス
       最寄駅:JR明石駅北口から西へ徒歩約4分
3.プログラム
 28日(日) 17時~18時:受付
       18時~20時:全国交流のつどい(夕食を含む)
  29日(月) 9時~10時:開会式来賓挨拶
            県庁・厚労省・国会・県会議員
            肝臓学会代表「肝臓病の最新治療」にふれた挨拶)、他
   10時~12時:代表者会議  
   12時~13時:昼食休憩
   13時~16時:分科会
   16時~16時30分: 全体集会 (各分科会 報告、 兵庫アピール、 次回開催県挨拶)
 主催:日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)
続きを読む>>
患者・家族交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

【兵庫】10/29公開講座 「自己免疫性肝疾患の治療」

10/29自己免疫性肝疾患公開講座
公開講座 「 自己免疫性肝疾患の治療」
○と き 2018年10月29日(月)13:00~15:00
○ところ 明石グリーンヒルホテル 2階会議室
      明石市大明石町2-1-1  <アクセス
最寄駅:JR山陽線明石駅下車北側出口、西へ徒歩3分
○内 容 自己免疫性肝疾患の治療
講師:帝京大学医学部内科学講座 教授 田中 篤先生
○主 催 日本肝臓病患者団体協議会 開催担当 肝炎友の会兵庫支部
講演会・相談会・セミナー | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【大阪】10/20肝炎支援セミナー「よくわかる肝炎治療と日常生活」

10/20肝炎支援セミナー 羽生先生の講演から
 10月20日の肝炎支援セミナーで、市立大学大学院生活科学研究科の羽生大記先生は、肝炎治癒後の生活について講演されました。C型肝炎が完治されたり、肝炎が沈静化したB型肝炎患者の高齢者が注意するべきこととして、「サルコペニア」「ロコモ」「フレイル」対策について説明されました。
 食事30Cal/kg、1日5000歩以上を目安とすることも説明されていました。メタボも気をつけるためには30Cal/kgは注意が必要ですね。
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

9/20 関西医科大学 次世代低侵襲外科治療学講座 治験案内

関西医科大学 次世代低侵襲外科治療学講座
      治験案内

治験説明図

UMIN-CTR 臨床試験登録情報から

【治験の目的】C型肝炎ウイルスに起因する肝硬変患者を対象として、G-CSF動員自家末梢血CD34陽性細胞の経肝動脈移植による肝臓再生療法の有効性及び安全性を標準治療と比較する。

【治験終了後の目標と評価項目】登録後24週時のChild-Pugh Scoreの非増悪率
1) Child-Pugh Score
2) MELD Score(PT-INR, ビリルビン、クレアチニンの値から計算される。)
3) 腹部超音波検査および腹部CT検査による腹水量
4) 血清アルブミン値、総蛋白、総ビリルビン値、PT-INR
5) ヒアルロン酸、Ⅳ型コラーゲン
6) SF-36v2によるQOL評価
7) 腹部超音波検査による門脈血流速度・血流量
8) 肝硬変に起因する死亡、全死亡
9) 肝細胞癌の発症
10) 磁気細胞分離装置の性能・不具合
続きを読む>>
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)
1/195 >>