<終了>【大阪】2/16肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン

 終了しました。
交流会の参加者
=B型7名、C型8名、その他2名、合計17名。

 交流会の後半、C型の男性が、
「肝炎とこころ」と題して、肝炎患者のこころのケア、肝炎患者と家族のこころのメンテナンスについて、スライドを使用してミニ医療講演会を実施してくださいました。
 講演内容の資料も参加者全員に配布していただきました。
続きを読む>>
交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【大阪】12/15肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン

 終了しました。
 16人が参加し、ご自身のことやご家族のことなど不安や悩みが出され、コメントし合いました。
 始まる前に、「大阪障害年金サポートセンター」の方から障害年金について説明を受けました。

 このブログをご覧になって、初参加の女性も参加され、ご家族のことについて相談されました。
続きを読む>>
交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【大阪】9/29肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン(交流会)

9/29西区民センター患者サロン風景
 16人が参加しました。
 自己紹介から始まりました。
 ・肝発がんの早期発見のために造影MRIの検査を鵜希望しているが、主治医はやってくれない、患者側からお願いして良いものか?
 ・肝発がん体験者から、がんの治療後に昨年からハーボニーの治療を受け、ウイルス排除できた。その後6か月でエコー検査で肝がんらしい影が見える。そんなことはあるのか?
 ・胃の全摘手術を受けたC型肝炎患者。胃が無いがハーボニーの治療に影響ないか?
 ・血症難数が10万以下、肝機能の検査では特に問題は無いと言われている。血小板を増やす方法は
 ・脾臓が大きいと言われている。脾臓を塞栓する方法があると言われているが、体に対する影響は?
 ・主治医との関係について
等などが出されました。
続きを読む>>
交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【大阪】9/23肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン(交流会)

 7人参加で和やかに交流できました。
 医療機関の利用の仕方などが、中心的な話題になりました。

 友の会の会員減少が危惧され、会員の楽しい交流ができる、治った方も楽しく参加できる企画を考えようと、セッコY区的な意見も出されました。
続きを読む>>
交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【和歌山】9/23 患者交流会「お茶会」

 終了しました。
和歌山交流会
 和歌山市民会館での交流会は、肝臓友の会世話人、B型肝炎訴訟原告さん、弁護士ら20人が参加しました。C型肝炎の方は1人(世話人)のみでした。
 自己紹介から始まり、効きたいことや心配事、悔やまれることなどが出されました。

▼ 心配事として、B型肝炎は無症候性キャリアで近所の内科クリニックで診てみてもらっていて、むかつきや便秘などが長期間続いたので相談すると、大学病院を紹介され精密検査を受けると「すい臓がん」が見つかった、抗癌剤治療しているがB型肝炎の増悪はあるのか、どのような検査を受けると良いか。
 他にすい臓がんに関する質問が2件ありました。

▼ 肝がんを何度か見つかり、その都度来示尾は治療を受けている。再発は繰り返すのか?ラジオ波治療は何度も受けられるのか?
続きを読む>>
交流会 | comments (0) | trackbacks (0)
1/3 >>