7/30 日肝協 来年度予算要望で厚労省と意見交換

2019年度予算編成に向けて
日肝協、厚労省担当課と意見交換その1

 日本肝臓病患者団体協議会は、来年度予算編成に向けて、6月に要望書を厚労省に提出し、世界肝炎デーの翌日に担当課と意見交換を行いました。
 今回ご提供する資料は、意見交換の写真と要望書です。
なお、意見交換のまとめは、日肝協から届き次第配信します。
予算要望で厚労省担当官と意見交換2019年度予算要望項目 12019年度予算要望項目 3
活動報告 | comments (0) | trackbacks (0)

「友の会だより」袋詰め作業 175号発送

175号袋詰め作業
 猛暑のなか、港区民センターで袋詰め作業を行いました。
 仕事や体調不良で小人数での作業でした。なんとか午前中に郵便局から発送できました。
続きを読む>>
活動報告 | comments (0) | trackbacks (0)

国会請願 衆参両院での受理状況

「ウイルス性の肝がん・重度肝硬変患者の支援と肝炎ウイルス検診等の推進に関する請願」13日が衆参両院の請願の締め切り日でした。
 請願が受理されるには、衆参両院の国会議員からの請願課への提出が必要です。
 協力いただいた議員の方々の一覧が衆議院と参議院のサイトで紹介されました。
 請願の採択議決は、会期末に行われる予定です。

 署名にご協力いただいた皆様、ご協力有り難うございました。
 院への紹介の労を執っていただいた国会議員の皆さまに感謝いたしま
▼衆議院   
  http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1962073.htm
▼参議院   
  http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/196/futaku/fu19600691947.htm
続きを読む>>
活動報告 | comments (0) | trackbacks (0)

6/10シンポジウム 皆で考える『がんサバイバーシップ支援』

 大阪国際がんセンターで開催されたシンポジウムに参加しました。参加者は約80人、がん診療拠点病院の相談員や看護師さんが約半数くらいおられました。
 このシンポジウムは、2年かかけて4回開催されます。
「シンポジウム 皆で考える『がんサバイバーシップ支援』」、第1回「第3期がん対策推進計画のスタートにあたり」がテーマです。
 講演演題とシンポジスト(演者)
 1.「第3期大阪府がん対策推進計画について」
    大阪府健康づくり課生活習慣病・がん対策グループ
     木村 和貴 氏
 2.がん診療拠点病院におけるがんサバイバーシップ支援の重要性
    大阪国際がんセンター総長 松浦成昭氏
 3.がん医療人材養成事業・がんプロの取組み
    全国がんプロ協議会会長(大阪国際がんセンター総長)
     松浦成昭氏
 4.がん患者団体の立場からの期待
    がん患者会「1・3・5の会」会長 三木祥男氏
続きを読む>>
活動報告 | comments (0) | trackbacks (0)

2/22会報「友の会だより」袋詰め作業 発送しました

  とものかいだより173号表紙友の会だより173号目次

 希望される方には実費(500円郵送料込み)でお分けします。
 下記までメールでご連絡を!
   osaka△kanzo.org △を@に置き換えてください。
続きを読む>>
活動報告 | comments (0) | trackbacks (0)
1/18 >>