5/26 『腫瘍内科医が教えるがんになったらすべき対策大全』

<
腫瘍内科医が教えるがんになったらすべき対策大全
腫瘍内科医が教える、がんになったらやるべきこと・やってはいけないこと
  株式会社扶桑社
 信頼できるがん情報の入手方法は? ステージⅣと末期がんは同じ意味? 抗がん剤の治療による副作用とは?……etc.
がんと告知をされたらまず知ってもらいたい91問をまとめた『腫瘍内科医が教えるがんになったらすべき対策大全』が5月7日に発売されました。

 帝京大学医学部附属病院 腫瘍内科でがん医療の最前線に立つ渡邊清高先生が、がん治療・事情に関する疑問に分かりやすく答えてくれました。患者さんだけでなく、家族の方も必読。

『腫瘍内科医が教えるがんになったらすべき対策大全』
続きを読む>>
参考書籍 | comments (0) | trackbacks (0)

5/25 『いい病院2021』手術数ランキングをAERA dot.特設サイトで無料公開開始!

『いい病院2021』手術数ランキングをAERA dot.特設サイトで無料公開開始!
25の治療法の全国・地方別ランキング

株式会社朝日新聞 21/05/21
手術数でわかる いい病院2021
朝日新聞出版が運営するニュースサイト「AERA dot.」で5月25日、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』の手術数ランキングの公開を開始した。昨年開設した特設サイトのランキングデータが最新版になった。全国の病院の手術数を編集部で独自に調査集計した結果で、各種のがん、心臓病、脳疾患などの計25治療法の手術数を全国・地方別にわけて掲載している。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001212.000004702.html

「手術数でわかるいい病院2021」サイトURLはこちら
参考書籍 | comments (0) | trackbacks (0)

書籍「手術数でわかる いい病院2021」

 書籍情報です。
■「手術数でわかる いい病院2021」
 発行 朝日ムック
ISBN:9784022775788
定価:990円(税込)
発売日:2021年2月24日
B5判 576ページ 無線綴じ 週刊朝日MOOK

 詳細は下記からご覧ください。
  https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=22732手術数でわかる いい病院2021
参考書籍 | comments (0) | trackbacks (0)

10/25 フィブロスキャンノート 発行

フィブロスキャンノート表紙
フィブロスキャンノート 発行
 愛知医科大学の肝胆膵内科・角田圭雄准教授(日本医療戦略研究センター代表)から、大阪肝臓友の会に「フィブロスキャンノート」が寄贈されました。
 患者さんが診察や検査の時に医療機関に持参する検査結果記録用のノートです。
 肝臓の線維化とフィブロスキャンの検査の解説が掲載されています。(非売品)
 表紙と目次の画像データを添付します。
 https://www.j-smarc.org/news.php?id=63

フィブロスキャンノート 目次
参考書籍 | comments (0) | trackbacks (0)

10/30 NAFLD/NASH 診療ガイドライン2020(改訂第2版)発行

 NAFLD/NASH 診療ガイドライン2020
 日本肝臓学会『NAFLD/NASH 診療ガイドライン2020(改訂第2版)』刊行のお知らせ

 10月30日(金) 消化器病学会との共同改訂を致しました。
『 NAFLD/NASH 診療ガイドライン2020(改訂第2版)』を刊行致しました。
定価等は以下の通りです。

 ・書名 『 NAFLD/NASH 診療ガイドライン2020(改訂第2版)
 ・体裁 B5判、120頁
 ・定価: 3,300円 (本体3,000円 + 税)
 ・発行所 株式会社 南江堂
 ※目次
参考書籍 | comments (0) | trackbacks (0)
1/7 >>