<< 肝がん再発リスクの予測へ - 理研、治験薬の創薬標的の特定に成功 | main | 【奈良】6/2 肝臓癌撲滅市民公開講座 >>

4/27 腸内フローラの正常化による肝炎悪化・肝がん予防の可能性

世界初!C型肝炎患者の腸内フローラ異常を解明―腸内フローラの正常化による肝炎悪化・肝がん予防の可能性―
平成30年5月1日 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
 
 名古屋市立大学大学院医学研究科の田中靖人教授、井上貴子講師は、九州大学大学院農学研究院の中山二郎准教授、奈良県立医科大学、愛知医科大学との共同研究の成果として、C型肝炎ウイルス(HCV)の持続感染が腸内フローラを変化させ、病状が悪化するにつれて腸内フローラの破綻(dysbiosis)(注1)が進むことを世界で初めて証明しました。これらの結果は、C型肝炎悪化のメカニズムや病態の解明、新薬の開発に道を開く可能性を示しました。本研究は米国科学雑誌「Clinical Infectious Diseases(クリニカル・インフェクシャス・ディジーズ)」の電子版(5月1日付)に公開されます。
 https://www.amed.go.jp/news/release_20180501.html
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post your Comment

Trackbacks