<< <終了>【京都】9/7 肝がん撲滅運動市民公開講座 | main |

<終了>【奈良】9/7 肝臓病医療講演・特措法説明会

 参加者の報告
 参加者は16名で2階の研修室がほぼ満席でよい感じでした。
 講師は大和郡山病院の院長補佐、藤村和代先生です。今回3度目の講演で優しく丁寧に話されました。
・まず肝臓とはから始まりC型肝炎、B型肝炎、肝がん、そして肝炎ウイルス検査、治療のお話でした。
 C型肝炎で治療中の人が約50万人、陽性でもC型肝炎を知らない人が30万人、知っていながら適切な治療をしていない人が25万人~75万人いるそうです。ウイルス排除できる時代もったいない話です。
 改めて検査、治療の呼びかけの大切さを実感しました。
・非活動性キャリア状態でもガンができる、ま たステロイドなど使用で突発性難聴や再活性化に注意。
・肝がんはC型65%B型15%それ以外20%で、肝がんはB型C型とも65歳以上で急カーブで増加する。
 適切な定期検査が必要。
・奈良県の協会けんぽの肝炎ウイルス検査が29年度の970件から最近では2000件をオーバーしてるそうです。
 奈良県の頑張りが感じられました。時間も質問など受け入れてくれ良かったです。
 以上<原井川会長報告>
【開催資料】
8/07大和郡山医療講演会チラシ
奈良・肝臓病医療講演・特措法説明会

○と き  2019年9月7日(土) 13:30~16:00
○ところ  大和郡山市立体育館(三の丸会館) 2階 研修室2
       大和郡山市南郡山町529-1 <アクセス
       最寄駅:近鉄橿原線「大和郡山駅」下車、徒歩北東へ5分
○内 容 講演1.「肝炎・肝がんの治療について」
      講師:大和郡山病院 院長補佐 藤村和代先生
    特措法説明会・個別相談(薬害C型肝炎訴訟・B型肝炎訴訟に関すること)
      担当 全国B型肝炎訴訟大阪弁護団
○参加について 参加費無料、事前予約不要
○主 催 奈良肝臓友の会
 共 催 B型肝炎訴訟大阪原告団・弁護団
 後 援 奈良県・大和郡山市
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post your Comment

Trackbacks