<< <終了>【大阪】2/12 2019年度後期 第3回肝臓病教室 | main | 【大阪】3/22 2020年「肝がん撲滅運動」公開講座 >>

<終了>【兵庫】2/16 肝硬変 線維化を改善する新薬治療 説明講演会

肝硬変の新治療薬の開発について 講演会チラシ講演会スライド木村先生講演会 会場風景質疑応答でコメントする木村先生
肝硬変治療 ~肝臓の線維化を改善する新薬について~(ウイルス性、PBCの治療)
 尼崎のすこやかプラザで、大阪と兵庫の肝臓病患者会が共催する「進んだ肝硬変患者の線維化を改善する新規治療薬(開発研究)」講演会に参加しました。
 難しいお話でしたが、B型肝炎・C型肝炎・脂肪肝炎・原発性胆汁性胆管炎から肝臓が線維化し肝硬変に進んだ状態から、肝臓を山和楽する薬についての治療法開発研究に関するものでした。マウスを使った動物実験や臨床研究の段階の結果が報告され、今後、大規模な2相試験がまもなく始まるそうです。
 HIVにC型肝炎が重複感染した肝硬変患者(6例)や、PBC患者さんに対する治験が進行していて、この治験の結果によっては、近い将来に薬事承認される可能性もあるとのことでした。期待できます。
※都立駒込病院における原発性胆汁性胆管炎に対する抗線維化治療薬の医師主導治験の開始について

東京都プレスリリース「都立駒込病院で抗線維化治療薬の医師主導治験を開始
この度、都立駒込病院では、原発性胆汁性胆管炎が原因で肝硬変になった患者を対象とした医師主導治験を令和元年9月から開始しましたので、お知らせします」


大阪肝臓友の会 
【開催資料】
2/16 肝硬変 線維化を改善する新薬治療 説明講演会
 ○と き  2020年2月16日(日) 13:30~16:00
○ところ  尼崎市すこやかプラザ 多目的室<アクセス
  尼崎市七松町1丁目3番1‐502号フェスタ立花南館5F
JR神戸線 立花駅下車、改札を出て南へ徒歩3分
       (立花駅よりウォーキングスルーで直結)
○内 容  「ウイルス性肝炎・原発性胆汁性胆管炎からの肝硬変
   ~肝臓の線維化を改善する新薬について~」

     講師 東京都立駒込病院 肝臓内科部長 木村公則先生
 ○参加について 参加費無料、事前予約不要
共 催  大阪肝臓友の会・肝炎友の会兵庫支部
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post your Comment

Trackbacks