<< 11/15 C型肝炎治療薬「マヴィレット」薬価収載へ | main |

【大阪】11/15-19 第3回患者と家族の手づくり作品展

作品展会場入口11/16会場風景
第2回手づくり作品展会場風景
大阪府がん対策公募型貢献事業補助金助成事業
「第3回患者と家族の手づくり作品展」にお越しください!

・会期  2017年11月15日(水)~19日(日)
       開場時刻 11:00~18:00(最終日は、15:00まで)
※15日(水) 16時よりオープニングパーテーを催します。
    お気軽にお越しください。
   ※16日午後「小物づくり体験」
   、18日午後「絵手紙体験」を行います。
・会場  ギャラリー「はな」
      守口市竜田通2-1-11
     (地下鉄「守口駅・京阪「守口市」駅下車、徒歩東北へ
      5~7分

●展示作品 絵画(水彩画、油絵など)陶器、木彫り、古布(リフォーム)、パッチワーク、書、絵手紙など

・主催   大阪肝臓友の会
ギャラリーはな 地図
※出展料   一人1,000円



 大阪肝臓友の会は8月25日、「第3回患者と家族の手づくり作品展」実行委員会を開催し、会場や会期など実施要項を確認、作品展の成功をめざしてスタートしました。
ご案内のとおり、肝硬変や肝臓がんとたたかいながら趣味や特技を活かし創作活動にとりくんでいる方々の作品発表の場として、手づくり作品を募集しています。これまで水彩画、陶芸品、古布リフォーム、毛編み物などほか、トートバック、鉄工芸や縄文土器レプリカなど多彩なジャンルの参加もあり、お互いが学び合う場ともなっています。
 今年は、すい臓がんを克服しヒョウタンの「すかし彫り」にとりくんでいる岡幸雄さんの作品を展示していただく事になりました。7月の「肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン」で、作品紹介と闘病体験を語っていただきました。
 今年は大阪府がん対策公募型貢献事業補助金の助成を受け3回目の作品展を開催することになりました。展覧会を通じて会員・家族の親睦が深まり、さらに肝臓病患者団体の活動を世間にアピールでき、出品者の創作活動への励みとなれば幸いです。
患者・家族交流会 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post your Comment

Trackbacks