<< <終了>【東京】7/29世界日本肝炎デーフォーラム2018 | main | 【大阪】8/18 関西医科大学総合医療センター >>

7/27 アザチオプリン、自己免疫性肝炎の治療にも保険診療上使用可能に―厚労省

アザチオプリン、自己免疫性肝炎の治療にも保険診療上使用可能に―厚労省

臓器移植後の免疫抑制などに用いる「アザチオプリン」(販売名:イムラン錠50mg、アザニン錠50mg)を、【自己免疫性肝炎】の治療にも用いることを認める。ただし、6か月継続しても効果が現れない場合には「継続の要否」を検討し、また効果が現れた場合でも「効果を維持できる最低用量にまで減量する」ことの検討が必要である―。

 厚生労働省は7月27日に通知「公知申請に係る事前評価が終了した医薬品の保険上の取扱いについて」を発出し、こうした点を明らかにしました。同日から保険適用されています(厚労省のサイトはこちら)。
自己免疫性肝炎にアザチオプリンを用いる場合には、ステロイドとの併用を考慮せよ
 メディ・ウォッチ 18/08/02付
治療薬 | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post your Comment

Trackbacks