<終了>【大阪】2/3 大阪市立大学附属病院 肝臓病教室

終了しました。
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>北大阪・平成29年度日本肝臓学会肝がん撲滅運動公開講座

 終了しました。
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【大阪】11/18 市民公開講座 ~肝臓病を知る~

市民公開講座17/11/18 阪神ホテル
 終了しました。

 ホテル阪神で18日午後、肝臓病公開講座が開催され、作品展の当番をぬけて聴講しました。
 
 たくさんの最新情報を得ることができました。
 肝硬変では、亜鉛補充療法、肝性脳症対策での抗菌剤と利尿薬など
 肝がんでは、新しい分子標的治療薬と免疫チェックポイント阻害剤への期待、度重ねる塞栓療法への注意と分子標的治療薬の導入時期などなど。 <記:西村>
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【大阪】10/22大阪国際がんセンターにおける肝がんの治療

 終了しました。
 片山先生のプレゼン配布物、残部数がありますので、希望者にお分けします。
 郵送料120円を添えて、「10/22片山先生講演資料希望」とお名前・御住所を明記し、下記までお申し込みください。
  〒550-0013 大阪市西区新町2-14-11東京ビル 大阪肝臓友の会宛て
大阪難病連 肝がん医療講演 風景
 当初は30人くらいの参加が予定されましたが、台風の悪天候で参加者は14人でした。
 講演
 片山先生は、肝臓がんはウイルス性肝炎の治療法の進歩で激減しているが、再発が繰り返されるこ、、肝がんの背景に肝硬変とその合併症があることなどでなどで5年生存率が大阪府内でも5大がんの中でも最も低いことなどから、肝硬変の治療についても詳細に説明されました。
 再発対策では、再発のリスクの高い高齢で線維化が進んだ方は、血液検査だけで無く定期的な腹部エコー検査等画像検査が重要であると指摘されました。
 最近の傾向として肝がん罹患患者の割合が脂肪肝・糖尿病など非B・C型肝炎患者よりも増加傾向があること、生活習慣病対策で食生活の改善が重要と説明されました。
 肝がんの治療では、バイポーラシステムなどラジオ波焼灼治療の進歩、分子標的治療新薬の登場と塞栓療法や動注化学療法など従来法との併用、放射線・粒子線治療法について、最新の治療法が紹介されました。
 資料も配付し
 片山先生は、事前に後援会で提示される図表をデータで届けてくださり、参加者にプリントアウトして配布すること、講演が終了してからそのプリント代をカンパしてくださいました。
 質疑応答
 質疑応答では、自己免疫性肝炎の診断とその後の治療法、肝硬変患者からは血小板の減少対策、乳がんの肝転移と余命宣告などについて、質問が出され、一つ一つについてていねいに説明されました。肝がんを併発した肝硬変患者の家族からは、ぜひ片山先生の診察を受けさせたいとの個別相談もうかがいました。<記:西村>
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【和歌山】10/21 B型肝炎医療講演・特措法説明会

 終了しました。
 悪天候の中でしたが開催しました。
 報告は後刻行います。


10/21医療講演・特措法説明会チラシ
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)
<< 4/61 >>