5/16 NHKためしてガッテン肝発がんを防ぐ「肝炎ウイルス検査」

NHK「ためしてガッテン」
 あなたは受けた?”がんにならない”検査(仮)
  2018年5月16日(水)午後7時30分
  2018年5月19日(土)午前0時25分

 佐賀大の江口先生より、5/16(水)19:30~放送のNHKためして
ガッテンにゲスト出演されます。
 ウイルス肝炎の検査がテーマです。
 ぜひご覧ください。

 http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20180516/index.html
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

【滋賀】7/4~ 滋賀医科大学附属病院「肝臓病教室」

滋賀医科大学肝臓病教室チラシ
 滋賀医科大学附属病院肝疾患相談支援センターでは、7月~2月にかけて4回の肝臓病教室を開催されます。
 附属病院の患者さんでなくてもどなたでも参加できます。
 事前に下記までご予約ください。
  まずは、お電話にてご予約ください。(℡077-548-2744、平日の9時~17時まで)

○会場 奈良県立医科大学附属病院 第3会議室
○日程・内容
続きを読む>>
講演会・相談会・セミナー | comments (0) | trackbacks (0)

4/27 腸内フローラの正常化による肝炎悪化・肝がん予防の可能性

世界初!C型肝炎患者の腸内フローラ異常を解明―腸内フローラの正常化による肝炎悪化・肝がん予防の可能性―
平成30年5月1日 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
 
 名古屋市立大学大学院医学研究科の田中靖人教授、井上貴子講師は、九州大学大学院農学研究院の中山二郎准教授、奈良県立医科大学、愛知医科大学との共同研究の成果として、C型肝炎ウイルス(HCV)の持続感染が腸内フローラを変化させ、病状が悪化するにつれて腸内フローラの破綻(dysbiosis)(注1)が進むことを世界で初めて証明しました。これらの結果は、C型肝炎悪化のメカニズムや病態の解明、新薬の開発に道を開く可能性を示しました。本研究は米国科学雑誌「Clinical Infectious Diseases(クリニカル・インフェクシャス・ディジーズ)」の電子版(5月1日付)に公開されます。
 https://www.amed.go.jp/news/release_20180501.html
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

肝がん再発リスクの予測へ - 理研、治験薬の創薬標的の特定に成功

肝がん再発リスクの予測へ - 理研、治験薬の創薬標的の特定に成功
2018/04/24付 マイナビニュース

 理化学研究所(理研)は4月24日、「非環式レチノイド」が、がん遺伝子「MYCN」を発現する肝がん幹細胞を選択的に排除していることを突き止め、MYCNが肝がん再発に対する創薬標的であることを明らかにしたと発表した。
 http://news.nicovideo.jp/watch/nw3466296
 

ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

4月からB型肝炎治療費助成手続き簡素化、他

 平成30年度からウイルス性肝炎治療費助成などの手続き変更について

1.平成30年度からウイルス性肝炎治療費助成などの手続きが簡素化されます。
 ①核酸アナログ製剤治療の受給者証の更新手続きについて
  医師の診断書に代わる検査内容の写しは、3年に一度の提出(都道府県で扱いが違います。都道府県の確認が必要)
 ②B型慢性肝疾患へのインターフェロン治療に対する助成の回数について
 ペグインターフェロン製剤治療への助成回数を従来の1回までから、2回までに拡充

2.重症化予防事業

 定期検査費用の助成を受けるために、初回は医師の診断書を必要としていましたが、以下のいずれかに該当する場合には診断書を省略できる
 
続きを読む>>
肝炎対策(国・自治体・・・・) | comments (0) | trackbacks (0)
<< 5/184 >>