<終了>【和歌山】5/27 医療講演と友の会和歌山支部第5回総会

 終了しました。
 27人が参加しました。
 ・医療者3人(肝疾患相談支援センター相談員など)
 ・抗癌剤製薬会社社員2名
 ・弁護士 3人
 ・患者19人(B型17人、C型2人)

 参加者から始まる前に県の広報紙の問題を指摘していただきました。
 5月号の県広報紙は「がん特集」。しっかり肝炎ウイルス検診のことも掲載していただいています。添付資料2頁目 しかし、14頁下段には、広告として神奈川の弁護士さんの広告「ご存じですか?B型肝炎給付金」が掲載されていました。


■玉井先生の講演(和歌山ろうさい病院)
 ▼B型肝炎 核酸アナログ製剤 新薬の問題点
  エンテカビルで治療継続できる方は安易に新薬に切り替えない方がよい
  HBs抗原の陰性化(減少)、薬剤毎の比較
  インターフェロン治療の時施設での成績
 ▼C型肝炎
  インターフェロンフリー製剤でほぼ100%の著効率が得られる
ようになってきた。
  DAA製剤失敗例の対処法:時施設の成績などの紹介
 ▼肝がんの治療
  局所療法では、昨年12月から新しいマイクロ波凝固療法を実施している。自施設51症例の成績
  ・具体的な治療法の紹介とメリットデメリット
  ・治療時間はおおよそ3分でラジオ波より短縮できる
   患者負担が少ない
など、具体的な説明がありました。

■友の会和歌山支部の総会
  提案議案は承認されました。
  世話人は3人。
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【京都】医療講演「肝細胞癌に対する内科的治療」

 終了しました。
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

5/22 肝炎ウイルス検査大阪市、医療機関委託で無料

毎日新聞記事画像
 肝炎ウイルス(B型、C型)の検査が無料で受けられる制度を、大阪市が4月から始めた。20歳以上の市民が対象で委託医療機関で実施。無料検査は、全国B型肝炎訴訟大阪原告団が市に求めてきた。「早期発見のため、一人でも多くの人に検査を受けてほしい」と呼びかけている。

 多くの政令市が医療機関での無料検査をしていたため、原告団と患者団体「大阪肝臓友の会」が2016年12月、市議会に陳情書を提出し、全会一致で採択された。市は採択を受け、検査態勢を見直した。
続きを読む>>
肝炎対策(国・自治体・・・・) | comments (0) | trackbacks (0)

5/15非代償性肝硬変と直接作用型抗ウイルス剤治療不成功のC 型肝炎ウイルス感染症患者に対する治療薬 申請

ギリアド・サイエンシズ非代償性肝硬変と直接作用型抗ウイルス剤治療不成功のC 型肝炎ウイルス感染症患者に対する治療薬ソホスブビル/ベルパタスビル配合錠日本での製造販売承認を申請
  sankeibiz 18/05/15付
  https://www.sankeibiz.jp/business/news/180515/prl1805151513103-n1.htm

 ギリアド・サイエンシズ株式会社(以下「ギリアド」)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ルーク・ハーマンス)は、本日、非代償性肝硬変患者と直接作用型抗ウイルス剤(DAA)治療不成功の患者に対する1日1回投与のC型肝炎ウイルス(HCV)感染症治療薬であるソホスブビル/ベルパタスビル配合錠(SOF/VEL)の日本での製造販売承認申請を行いました。
続きを読む>>
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

5/12 日本肝臓学会編 肝癌診療ガイドライン2017

 ガイドライン日本肝臓学会肝癌診療ガイドライン2017
 日本肝臓学会が、サイトに肝癌診療ガイドライン 2017年版を掲載しました。(18/05/12)
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)
<< 4/184 >>