11/29 肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業の指定医療機関リスト公開始まる

肝炎情報センター,肝炎医療ナビゲーション
 肝炎情報センターでは、11月29日に、12月1日から回シされる「肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業」に関連して、各都道府県で指定を受けた肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業の指定医療機関の紹介をはじめました。

 「肝炎医療ナビゲーションシステム」でそのリストと所在地を確認することができます。
 
肝炎対策(国・自治体・・・・) | comments (0) | trackbacks (0)

11/29 薬食審 11月29日に第二部会 初のC型非代償性肝硬変薬など審議

■厚労省の薬食審医薬品第二部会は11月29日、新薬として8製品の承認の可否を審議し、いずれも承認することを了承した。
  ミクスonline 18/11/29
  https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/65695/Default.aspx
 肝炎関連では、C型肝炎治療薬として、エプクルーサ配合錠と併用して使用されるレベトールカプセル200mg(リバビリン、MSD)です。

▽エプクルーサ配合錠(ソホスブビル/ベルパタスビル、ギリアド・サイエンシズ):「前治療歴を有するC型慢性肝炎、C型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」「C型非代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」を効能・効果とする新有効成分含有医薬品・新医療用配合剤。優先審査品目。再審査期間8年。

ソホスブビルはソバルディ錠として販売され、ベルパタスビルはNS5A 阻害作用を有する新有効成分。ジェノタイプ1~6のC型慢性肝炎、C型代償性肝硬変、C型非代償性肝硬変の患者を対象とした国内外の治験に基づき申請されたもの。C型非代償性肝硬変は、最も有効な治療法は肝移植で、この薬剤が承認されれば、初の治療薬となる。

ソホスブビル400mg、ベルパタスビル100mgを配合し、1日1回1錠。C型慢性肝炎、C型代償性肝硬変はレベトールカプセル(MSD)と併用し、24週間投与。C型非代償性肝硬変はエプクルーサ単剤で12週間投与。治療する。同疾患患者に対する治療薬として国内で承認された医薬品はなかった。海外では2018年5月時点で、欧米を含む52の国・地域で承認済。

▽レベトールカプセル200mg(リバビリン、MSD) :「ソホスブビル・ベルパタスビル配合剤との併用による、前治療歴を有するC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」を効能・効果に追加する新効能・新用量医薬品。迅速審査品目。再審査期間は8年。

エプクルーサ配合錠(ギリアド・サイエンシズ)と併用するため、効能及び用量を追加する。
続きを読む>>
治療薬 | comments (0) | trackbacks (0)

11/18 府下自治体への肝炎対策の要望と調査

 大阪肝臓友の会では、各自治体での肝炎対策の推進をめざして、府下市町村への要望と肝炎ウイルス検査と陽性者へのフォローアップ事業の実施状況調査活動を開始しました。
 11月18日に43市町村の肝炎対策担当課長宛に下記要望項目と調査用紙を届け、回答を求めました。

1.特定健診・がん健診時に、未受診者に受検を促し、同時に受検できるようにすること。
 上記検診同時受診者に対する、肝炎ウイルス検査費用を軽減すること。
2.肝炎ウイルス陽性者に対し、府が策定した「肝炎手帳(健康手帳エル)」を提供し、府が指定した「専門医療機関」を受診するように促すこと。
 また、受診後の「精密検査」受検と肝炎治療の状況を把握するフォローアップ事業を確実に行うこと。
3.貴自治体の肝炎ウイルス対策の実情について、別紙様式で同封の封筒で当会までご返送ください。自治体への調査協力依頼書自治体からの回答書用紙 その1自治体からの回答書用紙 その2自治体からの回答書用紙 その3
続きを読む>>
活動報告 | comments (0) | trackbacks (0)

11/22 死亡率、死亡率改善率を都道府県グラフ

肝がん死亡率 男性肝がん死亡率 女性
■死亡率、死亡率改善率を都道府県グラフ (2006-2016)
 NPOがん政策サミット  から情報提供をいただきました。
 先日公開された2016年のがん死亡率データから、死亡率の高い6つのがんを選び、死亡率と死亡率改善率をグラフ化し、情報を提供していただきました。
   https://cpsum.org/mortality

 ご自身の県はどのような状況でしょうか。ご確認ください。
 肝がんの部分のグラフ(図)を添付します。
 ※肝がんの死亡の改善は、他のがんに比べて進んでいるようです。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

11/23 肝炎対策を強化 精密検査の助成拡大、厚労省

肝炎対策を強化 精密検査の助成拡大、厚労省
2018/11/23 日本経済新聞
厚生労働省は国内最大の感染症といわれる肝炎対策を強化する。企業など職場の健康診断で肝炎のウイルス検査を受けて陽性と判明した人について、初回分の精密検査費用の助成を2019年度にも始める。肝炎は悪化すると肝臓がんにいたる恐れがあり、精密検査を受けやすくする環境を整えて重症化を防ぐ狙い。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38133040T21C18A1CR8000/
肝炎対策(国・自治体・・・・) | comments (0) | trackbacks (0)
<< 3/200 >>