6/10シンポジウム 皆で考える『がんサバイバーシップ支援』

 大阪国際がんセンターで開催されたシンポジウムに参加しました。参加者は約80人、がん診療拠点病院の相談員や看護師さんが約半数くらいおられました。
 このシンポジウムは、2年かかけて4回開催されます。
「シンポジウム 皆で考える『がんサバイバーシップ支援』」、第1回「第3期がん対策推進計画のスタートにあたり」がテーマです。
 講演演題とシンポジスト(演者)
 1.「第3期大阪府がん対策推進計画について」
    大阪府健康づくり課生活習慣病・がん対策グループ
     木村 和貴 氏
 2.がん診療拠点病院におけるがんサバイバーシップ支援の重要性
    大阪国際がんセンター総長 松浦成昭氏
 3.がん医療人材養成事業・がんプロの取組み
    全国がんプロ協議会会長(大阪国際がんセンター総長)
     松浦成昭氏
 4.がん患者団体の立場からの期待
    がん患者会「1・3・5の会」会長 三木祥男氏
続きを読む>>
活動報告 | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【滋賀】6/9 B型肝炎感染者医療講演会・救済法説明会

 終了しました。参加者からの報告です。
参加人数は最大で22名(うち子ども2名)でした。

 仲原民夫先生が,B型肝炎の話題について,分かり易く説明していただけました。
 滋賀県庁松木さんより,医療費助成制度について説明いただきました。6月1日から,医療費助成制度の資料について,1度提出すると次の2年はお薬手帳の提出だけで済む手続が開始したことについても説明いただきました。
 
 京都新聞に掲載され,それを見てこられた方がいらっしゃいました。
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

<終了>【奈良】6/2 肝臓癌撲滅市民公開講座

 終了しました。
世界肝炎でシンポジウム
 赤羽先生から世界肝炎デーに奈良で開催されるシンポジウム(肝炎ウイルス研究財団主催)についてご案内がありました。
続きを読む>>
イベント資料 > <終了分> | comments (0) | trackbacks (0)

6/1肝臓の線維化ステージ診断のためのオートタキシン検査、6月から保険収載—厚労省

肝臓の線維化ステージ診断のためのオートタキシン検査、6月から保険収載—厚労省
  メディ・ウォッチ 18/06/01

 D007【血液化学検査】に、肝臓の線維化進展の診断補助を目的とした新たな検査項目【オートタキシン】を追加する―。
 厚生労働省は5月31日に通知「検査料の点数の取扱いについて」を発出し、こういった点を明らかにしました(中医協資料はこちら(厚労省サイト))。6月1日から適用されます。
続きを読む>>
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

5/31 日本肝臓病患者団体協議会 第28回国会請願行動

請願報告請願行動アルバム日肝協第28回国会請願行動アルバム2日肝協第28回国会請願行動アルバム3 5月31日、日本肝臓病患者団体協議会は、2016年国会請願が衆参両院で採択され、2018年実施予定の「肝硬変、肝がん患者への医療費支援」へとつながりました。その制度拡充と新制度を全国で一斉に実施していただくことを掲げ国会請願行動を行いました。
 11時から衆議院第一議員会館地階大会議室で院内集会を行い、全国から250人の患者家族が参集、署名は6万7千筆が集まりました。

 来賓として、厚労省肝炎対策推進室小野室長、衆参両院から19人の国会議員から挨拶を受けました。
 議員秘書の方も11人がお見えになりました。
 午後から議員要請行動を行いました。
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)
<< 3/184 >>