1/17 C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品について

厚生労働省からのお知らせ

 C型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品について

 ギリアド・サイエンシズ株式会社が販売しているC 型肝炎治療薬「ハーボニー®配合錠」について、奈良県内で特定の薬局チェーンにおいて偽造品が発見されたことを受け、医薬品の適正な流通の確保に関する通知を発出しましたので、お知らせします。
 なお、事案の概要、真正品の見分け方等については、ギリアド・サイエンシズ株式会社のホームページ掲載資料をご確認ください。

 ギリアド・サイエンシズ社のサイト
 患者様向けレター
続きを読む>>
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

【注意】1/17C型肝炎治療薬「ハーボニー®配合錠」の偽造品について

 厚生労働省が報道発表資料として公表しました。

 C型肝炎治療薬「ハーボニー®配合錠」の偽造品について

 ギリアド・サイエンシズ株式会社が販売しているC型肝炎治療薬「ハーボニー®配合錠」について、奈良県内で特定の薬局チェーンにおいて偽造品が発見されたことを受け、医薬品の適正な流通の確保に関する通知を発出しましたので、お知らせします。
 なお、事案の概要、真正品の見分け方等については、ギリアド・サイエンシズ株式会社のホームページ掲載資料をご確認ください。

 報道発表資料

 ※ギリアドサイエンシズ社の報道発表資料
 
 
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

【報道】C型肝炎進行で重度肝硬変、新薬治験へ・・・、阪大病院など

C型肝炎進行で重度肝硬変、新薬治験へ…18年承認目指す、阪大病院など
   読売新聞 2017/01/05付
   https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170105-OYTET50000/

 C型肝炎の進行で肝機能が著しく低下し、肝移植以外に治療法がない重度の肝硬変患者を対象とした国内初の治療薬の臨床試験(治験)が今月、大阪大学病院などで始まる。欧米では既に承認されており、日本で治る見込みがないとされた患者に回復の道を開く可能性がある。2018年の製造販売承認を目指している。

 重度の肝硬変は非代償性肝硬変と呼ばれる。意識障害などが出て生活に支障をきたし、肝がんにもなりやすい。C型肝炎の治療は現在、飲み薬が主流だが、肝硬変に進行すると軽度な患者にしか処方が認められていない。
続きを読む>>
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

12/24朝日新聞「患者を生きる・シリーズ:感染症『B型肝炎』完結

 朝日新聞生活欄で連載された「患者を生きる・シリーズ:感染症『B型肝炎』」。
5回目は「専門的な医療で支えを(記者の一言)」で締めくくられました。
 http://digital.asahi.com/articles/SDI201612225604.html

 1回(12/19)から5回目(12/24)を下記サイトで通しで読むことが
できます。
 http://digital.asahi.com/articles/SDI201612235606.html?iref=com_api_spe_ikirutop
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)

9/3 日本人の肝臓がん ゲノム解読で6分類 再発率などに差

NHKニュース 肝がんの遺伝子異常
NHK 16/09/03付
日本人の肝臓がん ゲノム解読で6分類 再発率などに差

 日本人の肝臓がんは、遺伝子の異常の起きかたによって6つに分類でき、患者が5年後に再発したり、死亡したりする割合も15%から100%と、大きく異なることが、国立がん研究センターなどの研究で分かりました。

   http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160903/k10010666951000.html
ニュース | comments (0) | trackbacks (0)
<< 5/17 >>